ASCADEトップへ
リアルタイムOSからアプリケーション
まで、ポータブルデバイスに最適な
システムを開発。
クライアント デバイス企画・設計企業
期間 2005年08月〜 2007年09月
技術要素 ARM v4 Architecture、μITRON 4.0、TOPPERS、TCP/IP、FAT32、Flash
関与フェーズ 開発・評価検証
ポータブルデバイス向けFlash互換プレイヤーの開発
マルチメディア向けに企画・設計されたポータブルデバイス用ハードウェアを制御・活用するための組み込みソフトウェア開発です。新しく開発されたGraphic LSIの特性を活かすべく、RTOS(TOPPERS)からアプリケーション(Flash互換プレイヤー)までの移植および新規開発を行い、各種ポータブルデバイスへの容易な適用を可能にしました。
●高速・高機能なCodec LSI を活用するためのソフトウェア開発ハード/ソフト一体での提供により、デバイスメーカーの導入を容易にする
●ICチップに特化した高速化処理と柔軟なライセンス提供を可能とするライセンスフリーのソフトウェアを活用して、必要な部分は独自に開発
●汎用的で利用しやすいインターフェース開発方式の実現
ライセンス供与が容易な実行基盤を実現。魅力的なインターフェースの構築もサポート。
●リアルタイムOSは、TOPPERSをベースに移植・・・ストレージアクセスとファイルシステムは新規に開発し、ネットワーク機能はBSDをベースに移植。短期間で一定の品質を持つ柔軟なライセンス供与が可能な実行基盤を構築しました。
●Flash 互換のインターフェース実装方式を導入・・・デザイン定義やコンテンツ作成に広く使われているFlashを利用可能にして、各デバイスメーカーが短期間で魅力的なユーザーインターフェースを構築できるようにしました。この際、ポータブルデバイス上での実行用にバイトコードを定義。事前にswfファイルをバイトコードに変換したものを搭載・実行する仕組みにして、メモリ使用量の低減と高速化を実現しています。
pagetop▲
SiteMap Copyright c 2001-2010 ASCADE, Inc. All rights reserved.