ASCADEトップへ
ソフトウェアの品質を高いレベルで確保して、リファレンスのないシステムを構築するために。
先進的なプロセスモデルを確立しています。
ソフトウェアの開発スパイラルを確実かつスピーディに回転させて、システム構築を成功に導くために、アスケイドではUnified Software Development Processをベースにした独自のプロセスモデル「AUP:Ascade Unified Process」を導入しています。要求変化への耐性や作業手順の一貫性といったキーポイントを特に強く意識したもので、とくに「リファレンスのないシステム構築」AUPによるソリューションにおけるソフトウェア品質の確保に真価を発揮しています。
AUPは具体的に、次のようなシステム開発案件を対象として、その問題点を解決するべく策定されています。
Case01
ターゲット リファレンスのないシステムの開発
問題点 要求リスクが高い:初期の要求があいまいで、変更が繰り返される。
技術リスクが高い:基盤技術が未成熟であったり、参考となる事例が少ない。
AUPによるソリューションソリューション ・開発構想(グランドデザイン)を策定。基本的なゴールを設定し、
 クライアントと確認・共有する。
・ユースケースや画面プロトタイプを活用して、
 具体的な記述に基づいたイメージを共有。あいまいさを排除。
・反復開発計画を提示して、リスクを早期に低減する。
Case02
ターゲット 小〜中規模のシステム開発
問題点 要員リスクが高い:個々の要員に対する依存度が高く、属人的な要素に影響される。
管理コスト:「重いプロセス」では負荷が大きく、管理コスト比率が増大してしまう。
AUPによるソリューションソリューション ・プロジェクトに応じたテーラリングにより、状況に合わせて適切なプロセスを提案する。
・コアメンバーがアーキテクチャを設計し、各工程に継続的に関与。
 コミュニケーションロスの少ない「密でレベルの高いチーム」を編成し、
 一貫して安定した開発ベースを提供する。
Case03
ターゲット 短期間(3ヶ月程度)のシステム開発
問題点 スケジュールリスクが高い:短納期で時間が限られるため、「やり直し」が難しい。
開発工数:効率の高い開発が求められるため、開発工数を相対的に削減する必要がある。
AUPによるソリューションソリューション ・反復開発計画を提示して、早期からチェックポイントを設定する。
・適切なメトリクスにより、状況を明確に把握する。
・各種標準を整備・提供して、無駄を省く。
・ ユニットテストをはじめ、プロジェクトの性質に応じた早期テストを実施し、
 開発初期から品質を確保。
pagetop▲
SiteMap Copyright c 2001-2010 ASCADE, Inc. All rights reserved.