ASCADEトップへ
文学部人文科学科卒。大手ソフトハウスで新入社員研修の講師を務めた後、開発職を志して2004年にアスケイドに転職。
今の位置や明日の目標をきっちり把握できる。
当社では、年に1回の給与査定と2回の賞与査定の際、客観的な評価基準に基づいて上司と面談。定期的にスキルレベルと長所・短所の確認を行います。評価基準には社員の声が反映されているので納得度が高く、どのくらい成果をあげたか、何が足りないか…今の自分の立ち位置や課題、また今後の目標や強化すべきポイントなどを客観的に把握できるので、次のステップに向けて着実に進んでいけます。一人一人の個性や希望を活かしつつ、全員が自分らしくキャリアアップできる仕組みだと思っています。
セールスポイントはUI。家庭と仕事の両立も。
私はWebシステムの画面回りをメインに手がけてきました。これまではJavaやJavaScriptを扱うことが多かったのですが、最近はC#、WPFなどの技術を使用して、会計ソフトのデータから法定調書などを作成するパッケージソフトを手がけました。ここで改めて「ユーザにとって使い勝手のいいUIづくり」の奥深さを感じたので今後は更に腕を磨いていきたいです。それと当社には、二人のお子さんを育てながら活躍されている女性エンジニアがいるんです。私も最近結婚したので、先輩をお手本に家庭と仕事の両立でも頑張ろうと張り切っています。
こだわりコラム
忙しい時ほど、しっかりリフレッシュ。
集中力には限界がありますよね。無理に続けると、かえって効率が落ちるので、私は忙しい時ほど、合間にちゃんと休憩を取るようにしています。マイ・マグカップでお茶を飲みながら休憩スペースで一息入れると、気分がリセットされて仕事に立ち向かうパワーが湧いてきます。
キャリアパス 教育研修制度 フォトアルバム 募集要項 お問い合わせ
<<キャリアTOP pagetop▲
SiteMap Copyright c 2001-2010 ASCADE, Inc. All rights reserved.